ごとう日和

のんびりのんびりマイペースで行こーう☆

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士の愛した数式

『博士の愛した数式』友達に今日返しました。

20060331233918


2週間前にはもう読み終わっていたのですが、
つい返しそびれていたのです。

あらすじは・・・
映画のCMで知ってるかもしれないですが、
80分しか記憶のもたない数学者家政婦母子の物語。

博士との出会いにより、この母子は数学の美しさに触れ、
楽しみに触れ、 喜びに触れます。


美しい美しい世界です。 


感想は・・・

(=_=)・・・・・。


ごめんなさい。理解出来なかったぁ!
。・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・。



博士の事は理解できる!

数学が全ての人なんだって。

考え方も、 性格も、 とても魅力的!!



でも世界が美し過ぎてついていけなかったっ!(>_<)


お話は悪くないのです。

だけど・・なんと説明したらいいのか・・・。 (-_-)

人間誰しもドロドロ部分あるでしょう?
でもこの主人公さんたら そういうの殆どなく、
万事に理解力ありまくり!

その清潔さに耐え切れなくなったのです。私が。

どのページにも 数字のことが書いてあったからそのせいもありそう。

何故なら、ごとう・・・算数・数学大嫌い。
数字を見ると考えることをやめます。

そのくらい嫌い


でも数学者が 話の本ならばと読んだけれど・・・。


主人公たちの思考がまったく理解できない。( ̄△ ̄lll)

一人ぼっちの素数に思いをはせるなんてこと絶対したくない。

数学大嫌いな私が、理解しようなんておこがましかったのですか?!
でも頑張って読んだ! 最後まで読んだよ!
何度 拒絶反応おこして本を放り出そうとしたかっ!

でも、でももう読みたくない!!

数字も数式も見たくない~~~!!
。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。
スポンサーサイト

Comment

 

数学(主に数式)は授業中に寝てて丁度その時新しい方程式とかをやってる時とかは大変でしたねぇ。
次の授業の時、なんじゃこりゃあああ 状態。
ワケワカンナイッス みたいな。
こういう専門的なものが書かれている読み物はやはり人を選びますよね。。。
自分も数式は苦手デス。
  • posted by .TM 
  • URL 
  • 2006.04/01 13:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

数字苦手だけど読んでみたいですね☆

でも投げ出しそう・笑
  • posted by D 
  • URL 
  • 2006.04/01 23:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

結構、評判が良かったみたいですが、最後まで読んでその感想なら
ごとうさんには本当に合わなかったみたいですね~。

自分も読もうかと思っていたのですが、そんなに美しい世界だと合わないかも。実は気が重くなるような映画や本が好きなので。(笑)

それと、HNをBarrieからEMILに変えたのでお願いします。(sakura亭でも変えます。)
4月になったので、思い切って変えさせてもらいました。
  • posted by EMIL 
  • URL 
  • 2006.04/02 00:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

あはは 

確かに数学嫌がってたかなあ?文系だもんね~私は…主要五科目以外女(体育を除く)美術とか(笑)
読みごたえありはやっぱ京極夏彦だな。読んだことある?別意味わかんね~宗教だとか脳の思考だの妖怪だのー…最初は理解しようと読んだが無理。進まない。フーンと思うことにしてその部分は流して読んだよ(笑)
魍魎の匣、映画化。どうなんざんしょ…
人間実ドロロン、村上春樹は私には合わなかった…どっちかってと想像力を駆り立てられる系が好きだな。
  • posted by なかた 
  • URL 
  • 2006.04/02 14:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

はい~。 

.TMさん>
本当・・・人を選びますよね。
少しは理解できる人間だったら良かったのに。
(T△T)

Dさん>
投げたくなりますよ~。
本当に。(笑)

EMITさん>
HN変えたんですね。
心機一転ですか?

そうなんです。全く私に合いませんでした。
気が重くなるの好きなんですか?
例えばどんなのですかね?
こう・・・読んで心にズーンと沈み込む感じの本ですか?

なかた>
美術かぁ。そうだね。絵すごく上手かったもんね。
私は好きだったけど、いつも先生に嘆かれていた。

京極さん読んだことあるよ。
そうね。あの人の世界は独特ね。
それに結構内容が入り組んでいて、
本によって解釈が難しい気がする~。

うん~。私も村上さんちょっち苦手。
文章はすごいんだけどね。
  • posted by ごとう 
  • URL 
  • 2006.04/02 19:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

これを読んでもドン引きしないでください 

え~と…。お願いですから、引かないで聞いてくださいね。

例えば本だと誰でも知っていると思いますが、
罪と罰のような感じの本が結構好きです。
(ドストエフスキーのです。)

映画だと名前を出すのに非常に抵抗があるのですが、
奇跡の海って映画知っていますか?
(見たことがないなら見ないほうが良いかもしれません。)
ああいう映画が鬱な感じになれて、たまにはいいかなと思ったり。
もちろん普通の映画も見ますよ。ごとうさんほどではないですが。
  • posted by EMIL 
  • URL 
  • 2006.04/02 20:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

引かないですよ~。 

罪と罰は高校の時読んだ記憶あります。
何だか哲学的なもの好きですね。(^▽^)
すごいっ。

映画の方は観ていないのですが。
そんな感じのものが好きなんですね♪
確かに、たまにはそういうのもいいかもしれないですね。
今度見かけたら観てみます☆
  • posted by ごとう 
  • URL 
  • 2006.04/02 20:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ブログ内検索☆

単語を入れてサクサクッと検索!

カウンター

7万超えありがとうございます!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ごとう推薦記事☆

この中の記事を選んで【ON】してね!



閲覧人数

日本文学100選!

NEXT押すと別の作品へ!

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。