ごとう日和

のんびりのんびりマイペースで行こーう☆

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不死鳥の騎士団

昨日行ってきました。

ハリーポッター不死鳥の騎士団


もう第5作目なんだよね!

ラドクリフ君ものすごい成長してた。

びっくりした。

いや、予告見たりとかして
成長具合は解ってるつもりだったんだけど。(笑)


それにしても

魔法の世界やっぱりいいなぁ。

なんと言うか、どきどきワクワクします。

子供の時も童話読んだりしてしましたが、
その時感じたどきどき感に似てる。

とても楽しかったよ。

父も一応 事前講義のおかげか
何とか理解して楽しんでくれたみたい。

良かった良かった♪



でも、昨日地元映画館のレイトで見たんだけど

180人入れるシアターに30人もいなくてね・・・。

ハリポタだよ?今日始まりだよ?
そんなに来ないもん?(=△=;)



そう言えばパイレーツ見にきた時も
上映始めたばかりなのに人少なかった。


ここ・・・つぶれやしないよね?

いやよ。唯一 地元の大きい映画館。(==∥)






スポンサーサイト

Comment

 

ハリポタですかー。
小説の最終巻でまた話題になってましたね。
自分はTVでやった1作目?くらいしか見たことなかったりします。
なので今作も見る予定もないので話題もありませんがっ。

最近は映画館離れというか我先に映画館で!
と思わなくなってるのかもしれないですねぇ。
すぐにDVDも出ますし、テレビもいいものになってるし
音響も揃えてる人は家で十分、っていう感じでしょうか。

そういえばうちの地元の映画館も何年も前ですが
人の入りがイマイチでしタ。
最近はどこもショッピングモール内にシアターとか出来てるので
そっちに客を取られてるのかもですね。
  • posted by .TM 
  • URL 
  • 2007.07/22 08:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

シアター事情は厳しいですねえ 

ハリーポッターって昨日公開だったのですかあ。
最近のシアター事情は厳しいですねえ。
でも昔の映画をファンのリクエストで上映するミニシアターやマイナーな映画をピックアップするミニシアターなどは映画ファンでいっぱいです。
私が時々いく読売ランド前にあるミニシアター、シネマバー、ザ・グリムソム・ギャングはいつも超満員です。といっても座席は24、補助をだしても35くらいしか入らないミニシアターですけど・・・。
でも当時製作に関わった監督さんや女優さんを呼んでトークショーや懇親会などのオプションもあり割高ですが楽しい場所です。
あとポケモンなんかはどこいっても超満員ですね。
恵梨さんの地元の映画館もポケモンは入っているのではないでしょうか?でもDVDの普及で映画館離れは進んでいるんでしょうねえ。
レンタルのほうが圧倒的に安いですからね。
本当に大丈夫なのかな映画館・・・心配ですね。

早く読みたい! 

.TMさん>
最終巻 早く読みたいっす。
でも翻訳本は来年の夏なんですってねー。
簡単な英語だから読めなくはないのだろうが、
細かいニュアンスで間違えそうな私はやはり翻訳待ちです。
どうなるんだろう。2人亡くなるって話です。

映画は本を大分はしょってしまっているので
人によって好みはありますが、映像としてはすごいですよ。

今も一時期に比べたら映画ブームだと思うのですが
確かにDVDすぐ出るし、ホームシアターあったりすると来ないかも。
残念です。潰れないで欲しい。いや、本当切実に。

ビシさん>
確かにこの間行った「キサラギ」
そこはマイナー映画ピックアップ型シアターだったんですが
立ち見がザラのようです。
俳優さんもよんだりとかしているらしいですし。
そういうのの方が入るのかもしれませんねー。

ポケモンは相変わらずの人気ですか。うん、入っているかも。
すごいなぁ。子供人気のものは強いってことですね。
  • posted by ごとう 
  • URL 
  • 2007.07/23 12:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ブログ内検索☆

単語を入れてサクサクッと検索!

カウンター

7万超えありがとうございます!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ごとう推薦記事☆

この中の記事を選んで【ON】してね!



閲覧人数

日本文学100選!

NEXT押すと別の作品へ!

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。