ごとう日和

のんびりのんびりマイペースで行こーう☆

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好き過ぎ!

そうだ、そうだ、そうだった。

この間の土曜日、衝撃現場(?)見ちゃったんだった。


公園を通りかかったら、小学校6年生くらいの
男女4人組(2:2ね)がいたのです。


そこまではよくある風景。


そのまま通り過ぎようとしました。
でもちょうど会話が漏れ聞こえてきたのです。


少女▲「ホントに好き過ぎだよねー。」


・・・好き過ぎ。

何が好き過ぎなんだろう?

耳に入ってきた言葉に、私が疑問を覚えた瞬間


その言葉を聞いた少年◆が、『合点がいった!!』

と言わんばかりの勢いで 傍らの 少女★ に詰め寄った。


少年◆「そうだよ!
    

    お前さ、俺の事好き過ぎるんだよっっ!!




 Σ( ̄■ ̄lll)

 好き 過ぎっ?!


少年っ!今 君はすごい台詞言ったよっ!




しかし、言われた少女★も負けてなかった。


少女★「うん。そうだよ。好き過ぎるくらい好きだよ?


    んで?それがアンタ的に何か問題あるの?」



ストレートっ!思いっきりストレートに告白です。

少年っ!何て答えるのっ?!

ワク(・▽・)ワク(めっちゃ興味津々)



少年◆「・・・・う。」




・・・・・詰まった。( ̄⊥ ̄lll)




ストレートな開き直りが勝因か

少女★ の KO勝ち!






少年。とりあえず、お幸せに。(=▽=)





スポンサーサイト

Comment

わたしも 

今は息子達が好き過ぎます。今のうちに独占です!
  • posted by ビシ 
  • URL 
  • 2007.02/20 12:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

今時の小学生らしい・・・ 

今時の小学生は進んでいますね~。
私が小学生だった時、田舎だからのせいかそういう色恋沙汰の話がいっさいありませんでした。
クラスの女子はよく「ったく、うちのクラスの男子どもは~」という感じで相手にもされていなかった感じです。
男子児童の方も「男が女にデレデレするのはかっこ悪い。」と言う雰囲気が出来上がっており、私が塾が同じだった女の子と話ていると「ヒューヒュー」「よっ、ご両人」「二人はとっても愛し合っているのだぁ~」と散々からかわれた覚えがあります。そんな彼らも中学生になるとバレンタインの日にはチョコの数がどうのこうのと言い出す始末です。
  • posted by ピン 
  • URL 
  • 2007.02/21 00:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

しばらく! 

携帯ハカイダーに破壊され、黄泉の淵をさ迷っていましたが復活(T-T)
面白そうな話題が沢山あってつっこみたかった!
インフルのとき、プリント持って行って、犬に饅頭くわれたんだよ…確か…

その男の子、きっと尻にひかれるね(笑)
  • posted by なかた 
  • URL 
  • 2007.02/21 11:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

★☆★ 

ビシさん>
お子さん可愛いですよねー!
そうかぁ。男の子だと、
よけいに自立早いかもしれないですもんね。
今のうちに独占し放題です!!

ピンさん>
進んでますよねー。
会話が大人ですもん。しかも隠さない。

確かに男子と女子と一緒に歩いてるだけで
ひやかされてましたね。
何処で見てたのか、噂も流れたり。(笑)


なかた>
あ、そうだったんだ?復活してよかったね。
あ、なかた被害者だったっけ。
うちの犬は気を抜くと、横からパックリだったから。
饅頭に目がなくてねぇ。

多分、少年、口じゃかなわないね。(笑)


  • posted by ごとう 
  • URL 
  • 2007.02/21 16:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ブログ内検索☆

単語を入れてサクサクッと検索!

カウンター

7万超えありがとうございます!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ごとう推薦記事☆

この中の記事を選んで【ON】してね!



閲覧人数

日本文学100選!

NEXT押すと別の作品へ!

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。