ごとう日和

のんびりのんびりマイペースで行こーう☆

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジティブに行こう!

私この間 
かかとのない形の靴で、階段を上っていたのです。

ビルの中の。

鞄持って、更に手に物を抱えている状態。

その状態で・・・

まず 片方 靴脱げた。

バランスを立て直そうとしたら・・・

もう 片方の 靴脱げた。

案の定、転んだです。



その時のことを友人に話しました。


「でもね、すっごいラッキーだったのー!」(・▽・)


「・・・・

  は?・・・・・・何が?」(==)



私「だってその転んだ階段 絨毯仕様だったんだよ!
 
  しかも両足の靴脱げたから、転んだ時も両膝つく感じで

  正座するみたいに綺麗に足ついてね。

  怪我一つしなかったよ!!

  私すっごい らっきーじゃない?!」(・▽・)


「・・・・転んだ時点で らっきー ではない。」(==)



・・・・・・えー駄目?(=△=)
そのおかげで 怪我しなかったのに。









スポンサーサイト

Comment

それは不幸だと思うのですが・・・ 

靴がぬげるなんて・・・あんまりありえない状況ですよね。
玄関であわてて靴を引っ掛けて出かけたら脱げちゃったとかじゃないですよね。
靴があってないとか?
フィットしてない靴はだめですよ。
体全体にダメージがきます。
フィットした靴を探してくださいね。
でも怪我がなくてよかったよかった。

 

幸せに生きれる人というのは、考え方がハッピー思考だからだそうです。
工程がどうのより、最終的に自分はラッキーだった!
という認識になれる人は幸せになる素質を持っています。
いわゆる、ポジティブな人の事ですね。

つまり、そういう出来事でポジティブにまず考えられる
後藤さんは将来きっと幸せになれますよ!


保障はデキマセンガ(・∀・)
  • posted by .TM 
  • URL 
  • 2006.11/06 13:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

ラッキー・ガールに花束を♪ 

モカシンのような靴だったのかな??
ドラマチックな脱げ方ですね~(ぇ

私見ですけど、これはラッキーだと思います★
どーでもいい根拠:
●靴が脱げる・・・ラッキーではないが不幸でもない。それに靴・履物によっては脱げやすいものもある。
●転ぶ・・・それほどめずらしい事ではないし、今の世の中、この程度のことじゃ不幸とは言えないと思う。
●転んだ階段 絨毯仕様・・・あきらかにラッキー!!擦り傷ひとつなくてヨカッタネ。
 もしこれがコンクリートの急な階段だったとしたら…大変なことになってたカモ。
総括:
個人的にはやはりラッキーだと思える。
それに本人がラッキーだと感じている事がとても重要であるハズ。
「私、不幸だ。」と思っていても良いことはあまりないと思うし。
そんなわけで、これからもレッツ!ポジティブシンキング!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんだ、このやっつけコメント・・・。
  • posted by EMIL 
  • URL 
  • 2006.11/06 21:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

(・◇・) 

ビシさん>
合ってないわけではないのですが、
これがまた、スルッと脱げやすいのですよっ!
私、かかとない靴駄目ってことですねぇ。
ご心配有難うございます。(*^^*)気をつけます。

.TMさん>
保証ないんですかっ?!Σ( ̄◇ ̄lll)
あう~。(T△T)
でも、不幸だって思うよりは
幸せだって思ってる方がいいですよね!
不幸だって気がつかなければ多分幸せっ!!

EMILさん>
レッツ・ポジティブシンキング~!(笑)
そうそう、不幸だって思っていいことないっすもんね。
発想の転換ですよ~♪
怪我しなくて幸せでございました。


  • posted by ごとう 
  • URL 
  • 2006.11/07 10:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

ブログ内検索☆

単語を入れてサクサクッと検索!

カウンター

7万超えありがとうございます!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ごとう推薦記事☆

この中の記事を選んで【ON】してね!



閲覧人数

日本文学100選!

NEXT押すと別の作品へ!

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。